2019年11月08日

宇宙と生殖機能

みなさんこんにちは。だんだんと日照時間が短くなってきましたね。

universe.jpg

よく暗くなると空気が澄んでいますので星空がきれいなこの時期、本日は宇宙旅行について少しご案内いたします。

"宇宙に行くことが宇宙飛行士の生殖機能におよぼす明らかかつ実証可能な影響はありません。男性も女性も、宇宙ミッションの後に子どもをもうけていることは覚えていてください。

一方で、女性宇宙飛行士の最初のミッション時の平均年齢は38歳です。

NASAが、働く人間を支える職場環境として抜きん出ているのはこういう側面だと思います。究極的には卵子や精子を凍結するかどうかは全くの個人的な選択ですし、私が知っている限りでは、宇宙飛行士にミッション前にこれをやれというような規約はNASAにはありません。

宇宙飛行士は宇宙で放射能を浴びるリスクを負っています。これが女性の生殖能力にどう影響するのかは、まだ分かっていません。

男性については、宇宙へ行っている間に精子の数や質が下がることが分かっていますが、地球に戻れば元に戻るので、長期的なダメージについては分かりません。

女性は生まれたときに全ての卵子を持って生まれるので、NASAは宇宙ミッション前に女性宇宙飛行士が卵子を凍結することについて非常に協力的です。(以下省略)"

宇宙空間における生殖機能への問題は男性側では具体的にわかっているそうですが、女性側ははっきりしていないことが多いようです。
ただ、無重力空間に一定期間漂っているわけですから、女性側にも何かしら影響はあると考えておいた方がいいのでしょうね。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする