2019年11月29日

生殖補助医療と法整備

みなさんこんにちは。生殖補助医療の技術はどんどん進化しています。

courtr.jpg

1978年に初めて体外授精が行われ、1992年に顕微授精にて初めて赤ちゃんが生まれ、現在では着床前診断により受精卵の染色体の数全てがすべてわかるようになりました。
この早い技術の進歩に社会環境や制度が追い付いていないなと感じる出来事がありました。

"別居中の妻が、凍結保存された受精卵を無断で移植して長女を出産したとして、会社員の男性(40代)が、長女と法的な親子関係がないことの確認を求めた訴訟で、大阪家裁は28日、2人は親子関係にあると認めて訴えを棄却した。松井千鶴子裁判長は「同意があったとは言えないが、法律上の親子関係を否定することはできない」と判断した。男性側は控訴する方針。
妻が婚姻中に妊娠した子は夫の子であるとする民法の「嫡出推定」が、生殖医療でも適用されるかが争点だった。

判決などによると、男性は2010年に結婚。13年から不妊治療を始めたが夫婦関係が悪化し、14年に精子を提供したのを最後に別居した。妻は15年に夫婦の同意書をクリニックに提出して受精卵を移植し、翌年に長女を出産。夫婦は18年に離婚した。
男性側は「精子は提供したが移植には同意していない」と訴え、妻が同意書を偽造したと主張していた。

判決は、同意の有無は家庭内の事情に過ぎず、嫡出推定の適用外とする事情にはならないと指摘。「生殖医療で出生した親子関係に関する法律がない以上、自然生殖と同様に判断すべきだ」とした。

男性側代理人の若松陽子弁護士は「裁判所は生殖医療の同意などに関する基準を示すべきなのに、役割を放棄している」と批判した。"
https://news.infoseek.co.jp/article/mainichi_20191128k0000m040206000c/

ご主人側からの視点にたてば確かに知らないうちにとなるのは当然理解できますので、生まれてきた赤ちゃんとの親子関係をどのように取り扱いうのかは大変難しい問題だと思います。

不妊治療をされているカップルが大変多い昨今、今後似たような事象は起きえます。
全てを想定した制度設計は無理と思うのですが、生まれてくる赤ちゃんの福祉が少しでも高くなるような精度になってくれればと願います。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

精液の中で生存するデング熱ウィルス

みなさんこんにちは。デング熱の騒ぎが数年前あったことが遠い昔のような気がする昨今、新たなデング熱の感染経路が発見されたと報道がありました。

Mosquito.jpg

デング熱は蚊を媒介して感染します。今回発見された感染経路は以下の経路です。

"(前略)スペインのマドリッドに住む41歳の男性がデング熱の症状を発したのだが、この男性はデング熱に感染するような場所に行っていなかった。ところが、彼のパートナーである男性が、中米のキューバとドミニカ共和国を旅行中にデング熱のウイルスに感染し、10日前に同様の症状を発していたのである。

デング熱のウイルスが男性の精液の中で生存できることが科学者の研究により発見されたのは、つい1年半前のこと。タイ旅行から戻ってきた男性の精液から発見されたのだが、その時も、それがほかの人に感染するような証拠は見つかっていなかった。

マドリッドの保健当局は、この41歳の男性がパートナーの精液を通じてデング熱に感染したことを確認しており、しかも、精液から発見されたウイルスは、キューバでまん延しているウイルスとまったく同じ型だったと発表している。

欧州疾病予防管理センターの係官が報道機関に語ったところによると、これは男性間のセックスでデング熱感染が確認された初めてのケース。以前に韓国で男女のセックスによる感染が疑われたケースがあったが、これは確証を得るには至っていないという。

ヨーロッパの医学専門誌に発表された研究によると、50代のイタリア人男性がデング熱にかかって9日後に回復し、それから23日後にはその男性の尿や血液からウイルスは消えたが、精液からウイルスが消えるまでには37日もかかったという(以下省略)。"
https://www.cyzo.com/2019/11/post_222755_entry.html

デング熱感染が多く発生している地域への渡航は気を付けないといけませんし、帰国後の性交渉も気を付けないといけないということですね。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご案内しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

プログラムの流れ

みなさんこんにちは。弊社TFCの卵子提供プログラムはマレーシアで行っています。

egg donation program.jpg

プログラムをご検討の方は、いったいどういう流れでプログラムが進んでゆくのか大変気になるとことがと思います。
弊社TFCの卵子提供プログラムは概ね以下の流れで行っています。

  • ご夫婦からお問い合せ
  • TFCへのご相談
  • TFC東京オフィスにて個別詳細面談
  • プログラムへお申込
  • 申込内容の確認、費用やご契約内容の説明
  • TFCとのご契約
  • マレーシア渡航日程の調整と決定
  • 初回検査のためマレーシアへご夫妻でご渡航
  • 卵子提供ドナー候補者のご決定
  • 卵子ドナーの採卵に向けたご渡航
  • 移植に向け日本国内での調整
  • 移植のために現地へご渡航
  • 日本にご帰国後、妊娠判定
  • 日本にて安静に妊娠期間を過ごしご出産

弊社TFCでは卵子提供や精子提供プログラムをご案内しています。

マレーシアには現地スタッフがいますので、ご夫妻の病院への送り迎えや随行、通訳などサポートをしています。
またドナーの方のサポートも行っていますので、言葉の問題などもご安心いただけるはずです。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする