2019年10月18日

2020年マレーシアの旧正月

みなさんこんにちは。10月も半分が終わりましたね。

Lunar New Year.jpg

だんだん肌寒くなってきて、クリスマス、お正月など意識される方も多くなってきているのではないでしょうか。

日本では1月1日をお正月と考えています。これは太陽の動きを基に作られた太陽暦(グレゴリオ暦)によって1月1日を1年の始まりとしてお正月として、お祝いしています。

アジアの国、たとえば中国やベトナムなどでは、太陽の満ち欠けを基にした太陰太陽暦によって1年の始まりを認識しています。

日本でも明治6年以前まで太陰太陽暦によって1年の始まりを認識していましたので、旧暦による正月、つまり旧正月と表現しているわけです。
この旧正月はマレーシにもあります。このマレーシの旧正月について以下ご案内したいと思います。

"グエン・スアン・フック首相は、2020年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2020年1月25日)に伴う休暇について、2020年1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休とする案を承認した。

労働法ではテト休暇を5連休と定めているが、2020年は規定の休暇が土日にあたるため、振替休日を合わせて7連休とする。これにより、2020年のテト休暇は2019年よりも2日短くなる。

同案のほかに1月24日(金)から1月30日(木)までの7連休とする案もあったが、労働傷病兵社会省はテト用品の購入や帰省などのためテト前に時間に余裕を持たせる必要があるとして、1日早く休みに入る1月23日からの案を優先するよう政府に提案していた。(以下省略)"
https://www.viet-jo.com/news/life/191009172031.html

マレーシアでは、2020年1月23日(木)から1月29日(水)までの7連休となるようです。
観光、商業、医療目的で該当期間にマレーシアに渡航を予定されている方は少し注意が必要ですね。

弊社TFCではマレーシアでも精子提供、卵子提供プログラムを行っています。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする