2019年10月16日

米国の晩婚化

みなさんこんにちは。晩婚化、日本では聞きなれた言葉ですが、米国でも晩婚化が進んでいるそうです。

米国の晩婚化.jpg

米国でも晩婚化が進み、今アメリカ社会では以下のようなことが起きているそうです。

"男性も、子どもを持てるタイムリミットのプレッシャーに直面していて、その結果として、精子を凍結している、とマリサ・デラット(Marisa Dellatto)氏がニューヨーク・ポストで報じた。(中略)

アメリカにおける初婚年齢の中央値は、女性が27歳、男性が29歳。Business Insiderでアメリカ国勢調査局(US Census Bureau)のデータを挙げて伝えている。ちなみに1980年には、女性が22歳、男性が25歳だった。

また、Business Insiderによると、マッチングサイトBridebookの2017年の調査では、すでに相手を見つけている人々も、結婚するまでの交際期間はより長く(平均4.9年)なっている。

これらの結果、アメリカの出生率はここ32年間で最も低くなっている。ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)のビル・チャペル(Bill Chappell)氏がアメリカ疾病予防管理センター(CDC)のレポートを挙げた。その報告によると、2018年に、30代で出産する女性の数が20代で出産する女性の数を初めて上回った。

ミレニアル世代の出産が高齢化するにつれ、それを支援するのが一般的になってきている。Business Insiderでも伝えたように、卵子の凍結はここ数年ブームになっており、アップル、フェイスブック、そしてグーグルといったテック企業が女性従業員の福利厚生として提供している。

また、高まる関心の受け皿として、卵子凍結のサービスも複数出現している。ニューヨークに新しくできた不妊治療センター、トレリス(Trellis)などがそうだ。こちらは2018年11月に、Business Insiderが取材している。

ミレニアル世代はさまざまな理由から出産を先延ばしにしているが、精子の凍結は、そのための最新の取り組みの一つだ。"
https://www.businessinsider.jp/post-200126

男性は精子を凍結、女性は卵子を凍結する。そして、それぞれ仕事など集中しないといけない事に一定期間集中する。

その後、婚期が訪れたカップルは結婚して、それぞれ凍結保存している配偶子を融解して授精、移植、出産するということが今後起きてゆくのでしょうね。

国ごとに事情は異なるのでしょうが、先進国といわれる国ではARTなしでは人類は繁栄できなくなるのでしょうか。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご提供しています。プログラムの中では精子卵子の凍結保存も行っています。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする