2019年08月14日

肥満と精子の質

みなさんこんにちは。いきなり夏になった感じがする今年の夏ですが、暑い日が続いています。

jug beer.jpg

こんなときは、キンキンに冷えたビールが美味しいですね。美味しいのでついつい飲みすぎてしまう方も多いはず。美味しいお酒をのむと、食事も増し、気がつくとついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまします。

飲みすぎ食べ過ぎには少し気を付けないといけませんね。さて本日は、以下をご紹介します。

"肥満の女性は妊娠しにくいことが知られていますが、肥満の男性も男性ホルモンのテストステロンが低下し、精液量や精子数も減少します。

肥満は男女ともに不妊の原因です。さらに最近の研究で、男性が肥満になると、自身の精子の遺伝子に変化が起こることが報告されました。

この変化は食欲や脳の働きに関連していて、子どもが太りやすくなったり、子どもの脳の発育に影響が出たりする恐れがあります。肥満はその人の健康だけでなく、子どもへと伝わる可能性がある重要な問題なのです。

幸い減量をすると、数週間でテストステロンが増え、精液量や精子数も増加します。肥満解消後1年たつと、精子の遺伝子変化も正常化していきます。"
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/532863/

肥満になると精液量や精子数が減り。精子の遺伝子変化が異常になるそうです。
飲みすぎ、食べ過ぎに少し注意して体重の変化に気を付けてみてはいかがでしょうか。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご提供しています。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする