2019年08月30日

精子産生の異常

みなさんこんにちは。不妊の原因の半分は男性側にあると前回ご説明しました。

heat and sperm.jpg

男性不妊の原因として、性交・射精の異常について前回は整理いたしましたが、今回は精子の産生の異常について整理してみたいと思います。
精子の産生異常とは、文字通りうまく精子が作れないことです。

うまく精子が作れなくなる原因は以下が挙げられます。
(1)FSHやLHといったゴナドトロピンの分泌不全に伴う造成機能障害
(2)高プロラクチン血症が引き起こすゴナドトロピンの分泌不全に伴う造成機能障害
(3)染色体異常や遺伝子異常に伴う造成機能障害
(4)流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)などの感染に伴う造成機能障害
(5)高温環境下にあることに伴う造成機能障害
(6)精索静脈瘤のと伴う造成機能障害

(1)と(2)についてはイメージしやすいかと思います。ホルモンバランスが崩れて精子を作るのに必要なホルモンが分泌されない状態のことです。

(3)は、たとえば性染色体がXXYといったように数に異常があるとクラインフェルター症候群を発症、乏精子症をおこすといわれています。

おたふく風邪に罹患し高熱が続いたり、睾丸炎を起こした既往がある場合には、精子をつくる力が低下している場合があります。また、高温環境下で仕事をつづけたりすると造成機能の低下がみられるそうです。

(6)の精索静脈瘤とは睾丸上部に流れる静脈の異常肥大のことです。精索静脈瘤になると、血流が停滞して、精巣への酸素供給量が低下したり、睾丸温度の上昇を引き起こし造成機能不全をもたらしてしまいます。

睾丸の温度にはみなさん気を付けてくださいね。それでは次回以降、その他の男性不妊原因を整理したいと思います。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムを提供しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

精子産生の異常

みなさんこんにちは。不妊の原因の半分は男性側にあると前回ご説明しました。

heat and sperm.jpg

男性不妊の原因として、性交・射精の異常について前回は整理いたしましたが、今回は精子の産生の異常について整理してみたいと思います。
精子の産生異常とは、文字通りうまく精子が作れないことです。

うまく精子が作れなくなる原因は以下が挙げられます。
(1)FSHやLHといったゴナドトロピンの分泌不全に伴う造成機能障害
(2)高プロラクチン血症が引き起こすゴナドトロピンの分泌不全に伴う造成機能障害
(3)染色体異常や遺伝子異常に伴う造成機能障害
(4)流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)などの感染に伴う造成機能障害
(5)高温環境下にあることに伴う造成機能障害
(6)精索静脈瘤のと伴う造成機能障害

(1)と(2)についてはイメージしやすいかと思います。ホルモンバランスが崩れて精子を作るのに必要なホルモンが分泌されない状態のことです。

(3)は、たとえば性染色体がXXYといったように数に異常があるとクラインフェルター症候群を発症、乏精子症をおこすといわれています。

おたふく風邪に罹患し高熱が続いたり、睾丸炎を起こした既往がある場合には、精子をつくる力が低下している場合があります。また、高温環境下で仕事をつづけたりすると造成機能の低下がみられるそうです。

(6)の精索静脈瘤とは睾丸上部に流れる静脈の異常肥大のことです。精索静脈瘤になると、血流が停滞して、精巣への酸素供給量が低下したり、睾丸温度の上昇を引き起こし造成機能不全をもたらしてしまいます。

睾丸の温度にはみなさん気を付けてくださいね。それでは次回以降、その他の男性不妊原因を整理したいと思います。

弊社TFCでは精子提供プログラムや卵子提供プログラムを提供しております。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

性交や射精の異常がかかわる男性不妊

みなさんこんにちは。不妊の原因は様々あります。はっきりしているものもあればそうでないものもあります。

viagra.jpg

不妊の原因が女性側にある場合もあれば、男性側にある場合もあります。原因比率でいうと、男性側の原因は全体の4割、女性側の原因は4割、男女ともには2割といわれています。

つまり、男性因子、女性因子はほぼ半々あるということです。
男性因子にもさまざまあります。本日は性交や射精の異常がかかわる男性不妊を整理してみたいと思います。

性交や射精の異常がかかわる原因としては以下が挙げられます
(1)性欲減退に伴う性交回数の減少やセックスレス
(2)勃起障害
(3)射精障害
(4)ゴナドトロピン分泌不全によるインポテンス

(1)の性交回数の減少は、様々な原因が考えられるそうですが、精巣から分泌される男性ホルモンの低下が原因の一つとして挙げられます。

勃起障害はみなさんご存じだと思いますが、原因の多くは精神的な因子が関連しているといわれています。この精神的因子に対してはバイアグラが非常に有効であることはみなさんご存じのとおりです。

射精障害は、勃起が起きても正常な射精ができない状態のことをいいます。内尿道括約筋の収縮不全による逆行性射精もこの射精障害に入ります。
(4)は頻度は低いといわれています。ゴナドトロピンの分泌不全がアンドロゲンの産生低下を招きインポテンスや性欲の減退につながるといわれています。

本日は性交や射精の異常がかかわる男性不妊を少し整理いたしました。
次回以降、その他因子について整理してみたいと思います。

弊社TFCでは精子提供や卵子提供プログラムをご案内しています。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 男性の不妊因子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする