2019年07月17日

男性とクラミジア感染3

みなさんこんにちは。さて本日も先日の続きとして、クラミジアについて少し整理したいと思います。

infection2.jpg

男性がクラミジアに感染すると、尿道から前立腺・精嚢、そして精巣上体”へと感染が進みます。

今回は、精巣上体感染時について少しまとめます。
  • 精巣上体感染時のクラミジアの症状
  • 陰嚢(金玉)に激痛や腫れ
  • 陰嚢(金玉)が熱っぽくなる全身の発熱もありえる
  • 陰嚢(金玉)にしこりが出来る
  • 全身の発熱もありえる
  • 精巣上体炎(副睾丸炎)

前立腺から更に進行すると精巣上体(陰嚢)に感染が及びます。精巣上体には睾丸で出来た精子を精管へと運ぶ働きがあります。左右両方の精巣上体に炎症が起こった場合、精管が塞がってしまう”無精子症”を引き起こし男性不妊の原因となります。

クラミジアは早目の検査が大切ですので違和感がありましたら早めに検査を受けてください。

弊社では、精子提供プログラムや卵子提供プログラムをご用意しております。

ご検討の方はぜひ以下よりお問い合わせください。
posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 不妊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする