2019年05月17日

癒しのホルモン

みなさんこんにちは。東京は今日は少し曇っていて涼しいです。

sunset.jpg

さて本日は「癒しのホルモン」を皆さんにご紹介いたします。

近年、疲れているのになかなか眠れない方が増えています。多くの場合、不安感から眠れられなくなっているようです。

原因の一つとして「癒しのホルモン」が足りないのではないかと指摘されています。

この「癒しのホルモン」には、心地よい気分にして眠りに誘う働きがあるといわれています。

夕方から分泌がはじまり、交流や触れ合い、感動などによってその分泌量は増えるそうです。

ネット社会といわれている現在、人と交流する機会が減っているため、このホルモンが不足してしまうそうです。

会話を楽しむ、人に親切にする、ペットと触れ合う、美しい夕日を眺めるなどするといいのではないでしょうか。

1日の終わりを心穏やかに過ごすことが、良い眠りにつながるようです。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | リラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする