2019年02月06日

マレーシアの新国王

先日、マレーシアの国王が任期途中で退位して国内外に衝撃を与えたと報道がありました。

マレーシアについて.jpg

マレーシアの政治体制は、議会制民主主義をとっています。その体制下、象徴的存在としてマレーシアには政治的実権がない国王が存在しています。

マレーシアの行政区画は、13州と3つの連邦直轄領から構成されており、13州のうち9州にスルタン制度がいまだに残っています。スルタンとは州の君主のことです。つまりマレーシアには小さな小王国が9つの残っているわけです。

この9つの小国家の王の中から、互選により任期5年として、マレーシア国王が選ばれます。ただ、選挙制ではあるものの、実際は各スルタンが順番に即位することが慣習となっているようです。

今般退任された国王は第15代マレーシア国王だったそうですが、昨年末に治療目的でロシアに滞在。その滞在先ロシアで現地女性と出会う。そして、すぐにご結婚されたそうです。ちなにみその女性はミス・モスクワにも選ばれたことがある25歳の方だそうです。
インターネットを通じてすぐにこの事実が広まり、敬虔なイスラム国家であるマレーシア国民からの批判が集中して退任された、というのが退任に至る一連の出来事だそうです。

恥ずかしながら、マレーシアに象徴的存在として国王が存在していること、マレーシアには小国家が存在することなどは、このニュースを見るまで存じませんでしたので、とても意外で新たな発見だったわけですが、ちなみに、退任した王を同じ小国出身の方が新国王に就任された模様です。

国王の交代などあったようですが、マレーシアは温暖な地域にあり過ごしやすいです。日本との時差も1時間と比較的に渡航しやすい環境にあります。

弊社TFCの卵子提供プログラムはこのような抜群な環境にあるマレーシアで行っています。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする