2018年06月27日

高プロラクチン血症とは??

こんにちは。
ワールドカップ、盛り上がっていますね!!
頑張れ!日本!!

サッカー_TFC.jfif

今日は高プロラクチン血症についてお話します。
生理が不順だったり、胸が張ったり、乳汁が出る事がありますか?

プロラクチンとは一般的に乳汁分泌ホルモンと言われています。
乳汁の分泌だけに作用するわけではなく、乳腺、卵巣、子宮、精巣、前立腺など、男女の様々な生殖器に働きかけることが分かってきました。
プロラクチン値が高いと、体が妊娠後の状態になり、排卵がストップしてしまいます。
その為、妊娠を希望する人が高プロラクチン血症になると妊娠できなくなってしまうのです。
一般的にプロラクチンの血中濃度が15ng/ml以上だと[高プロラクチン血症」と診断されます。
症状は乳汁がでたり、生理不順だったりというのが一般的ですが、痛みや目立った症状はありません。
このプロラクチンが、正常値よりも高かったり低かったりすると、女性では生殖にかかわる様々な機能にサインが出ます。
それが、排卵障害や黄体機能不全による月経不順などです。
しかし、痛みを感じるわけではないので、乳汁分泌が無ければ自分で発症に気付くことはほとんどありません。

月経不順や不妊治療のために婦人科へ足を運び、検査の結果「高プロラクチン血症」と診断されることがほとんどなのです。
不妊で月経不順が原因の場合「高プロラクチン血症」もしくは「潜在性高プロラクチン血症」であるケースが少なくありません。

赤ちゃんが欲しくて、月経不順や排卵障害があり、高プロラクチン血症がある場合、高プロラクチン血症を治療しなければ妊娠しやすい状態になりません。
また、プロラクチンは子宮にも影響するので着床しづらい、流産しやすいという習慣流産の人にも治療が必要になります。

このような症状がある人は、一度受診をしてみることをお勧めします。
プロラクチン値を正常にする治療は、主に服薬治療になります。
信頼できる医師としっかり話し合い、自分に合った治療をしていくことも大切です。

posted by TFC at 19:01| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

避難所でのこと

こんにちは。
雨の夏至を迎えた本日の東京です。関西には大雨の予報が出ています。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、どうぞこれ以上の被害が出る事がないよう心から祈っております。

TFC_雨.png

自然災害に見舞われる度、妊婦さんや赤ちゃんを抱えたお母さん達がどうされているかと、その事ばかりが気にかかります。
被災された方皆様の身を案じながら、それでもやはりどうしても妊婦さんや赤ちゃんの事を考えてしまいます。
妊娠中のレシピアントの方のお顔が、お一人お一人、浮かんできます。

災害ボランティア養成講座を受講した際に学んだ最も重要な事の一つが

「避難所では、真っ先に、女性専用スペースを確保すべし」

という事でした。

避難所が設置されると刻一刻と人が集まり、最終的には収容できないほどの人数に膨れ上がる事もあります。
ごくわずかなスペースを皆で分け合い、仕切りもないスペースでの共同生活が始まります。

女性の着替えスペース、若い女性の安全シェルター、妊婦さんや授乳中のお母さんと赤ちゃんが安心していられる場所、息抜きの為の井戸端会議の場所等々、女性専用スペースを設ける事で維持される秩序、安全性、過ごしやすさは計り知れないとの事でした。

1人でも多くの被災者を受け入れようとするため、後からの設置できる可能性は絶望的であるといいます。


どうか妊婦さん、赤ちゃん、お母さんが守られていますように。



posted by TFC at 13:00| Comment(0) | 妊娠,出産、高齢出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

有酸素運動で不妊体質改善

こんにちは。
いよいよワールドカップが、始まりましたね。
見るのも楽しいですが、体を動かすと心も卵子も喜びますよ。

ヨガ TFC.jpg

有酸素運動は、血流を良くさせ、ホルモンバランスを整えます。
有酸素運動は不妊症を克服する有効な手段として、アメリカでもとても注目されています。

有酸素運動とは、長時間継続可能な軽度の運動のことを言います。つまり、ウォーキングやジョッギング、サイクリング、水泳、ヨガなどです。
無理なく20分程つづけられる運動が良いみたいですね。

☆中でも今日はヨガについて、調べてみました☆

ヨガの効果といわれる代謝の活発化、血行の改善、ホルモンバランスの調整などは、いずれも不妊症の改善と密接な関連があります。

代謝の活発化:代謝が活発化すると基礎体温の上昇につながります。一般的に不妊症の方は、基礎体温が低い傾向があると言われ、体温をあげることによって妊娠しやすくなる場合があるのです。

血行の改善:血行が良くなることで胎盤へ栄養や酸素が供給されやすくなり、卵子や受精卵にとってよい環境を作ることが出来ます。

ホルモンバランス調整: 現代社会では様々なストレスにより、ホルモンバランスに変化が生じ、女性の卵子の数が少なくなっているそうです。ヨガには女性ホルモンのバランスを元に戻す効果もある為、妊娠しやすい体を作ることが出来るのです。

ヨガに限らず、長時間続けられる程度の軽い有酸素運動は、気分転換にもなり、日常のストレスを軽減させる効果もあります。
ただし、過度な運動は逆効果です。
体にも心にも負担にならない程度に。を心がけて取り入れてみましょう。

posted by TFC at 13:09| Comment(0) | 妊娠力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする