2018年05月26日

卵子の老化について

こんにちは。
タイが大好きで、昨晩はタイ料理を食べてきました!


さて、女性の社会進出が進むととも、近年「晩婚化」「高齢出産」という言葉をよく耳にします。
一般的に、20代や30代に比べ、40代になると卵巣機能も低下していくことが知られています。
そのため、35歳ごろから徐々に自然妊娠が難しくなったり、下記のような妊娠の妨げとなることが増えるといわれています。

・染色体異常の発生率が上がる
・流産発生率が高まる
・着床及び妊娠成功率の低下

なお、個人差はありますが加齢や食生活、普段の生活習慣で卵子の老化は進んでいきリスクは日々高まっていきます。
女性の自然に妊娠できる力は、卵子の老化が大きな要因となって、いつのまにか低下していくと考えられているのです。
受精卵が順調に成長を遂げるには、卵子の質、そして精子の質が重要です。
どんなに子宮が良好で妊娠可能な状態であっても、受精卵の良好な成長なしには着床まで至らないことが多いといわれており、健康な20代のドナー卵子による治療を海外で希望される方へ弊社ではプログラムをご案内させていただいております。

弊社の卵子提供プログラムに興味を持たれた方は、是非一度お問合せくださいませ。

posted by TFC at 11:14| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする