2018年01月17日

不妊治療中にワクチン接種が重要な理由

昨日の夕日はきれいでした。
皆さんはご覧になりましたか?

yuuhi.jpg

さて、母子感染という言葉を聞いたことがございますでしょうか?

風疹ウイルス、サイトメガロウイルス、B型肝炎ウイルス、トキソプラズマなどの微生物は、妊娠中、分娩中、産後に、母体から赤ちゃんに感染して、病気を起こすことで有名です。
妊娠に向けて、ご家族も含め、ワクチンでの予防が重要です。

風疹、麻疹、水痘、おたふくかぜは、ワクチンで予防できます!
妊娠中の麻疹、水痘、おたふくかぜの感染による、胎児への影響はまだ明らかになっていません。
不妊治療中から抗体検査して、抗体を持っていない、もしくは、抗体の値が低いときは、ワクチンを接種し、感染を予防することが重要です。

一方、風疹は、妊娠中に感染すると、胎児に先天性風疹症候群を起こす可能性があるということが知られています。
そのため、妊娠中は、生ワクチンである風疹ワクチンをを接種できません。
※ワクチン接種後、最低でも2ヶ月以上あけることとされています。
風疹抗体を持っていない、もしくは抗体の値が低い場合には、同居されているご家族も含め、早目に麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を接種しましょう!
MRワクチンが推奨されるのは、麻疹に感染すると流早産の可能性があるとされているためです。
最近では、若年成人の麻疹抗体保有率が低いことの問題になってきています。
MRワクチンで麻しん風しんの予防をしましょう!

一方、妊娠中でもインフルエンザ不活化ワクチンは安全かつ有効とされています。
ワクチンの接種は、ご自身のためだけではなく、ワクチン接種は重要ですね!

posted by TFC at 10:00| Comment(0) | 妊娠、出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

マレーシアの卵子提供

みなさん、こんにちは。
本日はプログラムにつきましてご質問が多いと感じる、ご不安な事やご不明な点をまとめてみました。
ご参考にしていただけたら幸いです。

KL.jpg

ご質問)
マレーシアには何回行くんですか?

ご回答)
マレーシアへの渡航は、初診で1回。移植で1回です。

ご質問)
滞在期間はどれくらいですか?

ご回答)
初診のご渡航では、月曜から土曜までの診察が可能でございますが、ご主人の採精が2回必要になるので、2泊3日が通常のスケジュールとなります。
移植時は現地の診察も入れまして最短で4日となっております。

ご質問)
英語は必要ですか?

ご回答)
弊社の現地スタッフ(日本人女性)が常駐しておりますので、ホテルからクリニック間の送迎や、クリニックでの通訳などをサポートさせて頂きます。
クライアント様には、現地で携帯電話をお貸しいたしますので、緊急時には現地スタッフと連絡が取れる様になっております。

ご質問)
ドナーはどんな人がいますか?

ご回答)
弊社がご紹介可能なドナーの方は、20歳から30歳までの健康な日本人女性の方です。
顔写真・全身写真・出身地・学歴など、全50項目ほど掲載しております。

その他、ご不明な点ございましたら、遠慮なく弊社へお問合せ下さい。

posted by TFC at 17:56| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
1年のはじまりを、帰省先でご家族と一緒に迎えた方も多いのではないでしょうか?
家族でお雑煮を食べて初詣に行って、新しい年を祝うお正月を過ごすのはやはりよいものです。
時代が変わっても、家族の絆は変わりません。

Mt fuji.jpg

弊社は、卵子提供、着床前診断といった生殖医療を通して、ご家族を持つことを望むご夫妻が夢を叶えるお手伝いをしています。
今年もスタッフ一同多くのご夫妻にお子様を授かっていただけますよう誠心誠意努力する所存です。

[年末年始休業のお知らせ]
誠に勝手ながら、弊社では2017年12月28日(木)より2018年1月4日(木)まで、年末年始休業とさせていただきます


posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 謹賀新年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする