2017年11月01日

インフルエンザワクチン接種お悩み中?!

昨日の気合の入った仮装の風景からは一転、早いもので今日から11月ですね。
毎年のことではありますが、今年も残すところあと2ヶ月となりました。
冬突入に当たっては風邪やインフルエンザ、胃腸炎の流行が心配です。
そこで、今日はインフルエンザのワクチン接種について書きたいと思います。

インフルエンザ予防接種.jpg

妊活中のインフルエンザワクチン接種にお悩みの方もいらっしゃいませんか!?

海外の事例では妊娠されている方がインフルエンザに罹患した場合に、重症化するリスクがあるとのことから、WHOでもインフルエンザのワクチンの接種が推奨されています。
妊娠初期にインフルエンザワクチンの接種を受けたことにより流産や先天性異常の発生リスクが高くなったという報告はないと言われています。
また母乳を介してお子様に影響を与えることもないとされています。
しかしインフルエンザワクチンには保存剤の入っているものと、入っていないものの種類があります。
産婦人科や小児科に優先的に配給されているそうですよ。
受診前に問い合わせてみるのもいいかもしれません。

しかしインフルエンザワクチンを接種してもインフルエンザの罹患を完全に予防できるわけではありません。
もちろんワクチンの効果に個人差もありますし、ワクチン接種を効果が出だすのも個人差がございます。
逆にワクチン接種を推奨されているとはいえ、副反応が大きく出る方もいるようです。

インフルエンザワクチン接種の有効性や危険性、またご自身の基礎疾患や現在の治療経過(不妊治療含め)を踏まえて、ワクチン接種の適否やその時期につきましては、主治医の先生とよく話し合ってお決めください。
同時に、日ごろから感染予防が何よりも重要です。

妊活中の方は、ご主人や一緒にお住いのご家族の方にも声を掛け合い、感染予防対策!

不妊治療中は多くの疑問や不安があることと思います。

海外の病院でも、安心して治療を受けて頂けるよう、弊社は信頼のおける医療機関をご紹介しております。
マレーシアでの卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度弊社までお問い合わせく ださい。

posted by TFC at 10:00| Comment(0) | 医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする