2017年08月04日

子宮内膜と不妊

こんにちは。
ここ数日は東京も涼しく、過ごしやすいお天気です。
本日は不妊の原因にもある子宮内膜症につきまして、お話させて頂きます。

内膜症.jpg


子宮内膜症とは子宮内膜が子宮以外の場所で増殖する病気で、典型的な症状には非常に重い生理痛があります。
不妊の原因になる場合もあるので、妊娠を希望している場合は特に、適切に対処していく必要があります。
初期段階では、ほとんど自覚症状が見られませんが、生理痛に悩まされている方が多いです。
子宮内膜症を患っている女性の約50%が不妊症であり、また原因不明の不妊と診断された患者の多くに子宮内膜症が見つかっているそうです。

その理由としては子宮以外の場所で作られ、増殖する子宮内膜の細胞組織も、正常な子宮内膜と同じように月経周期に合わせて剝がれ落ち、
剥がれ落ちた細胞組織が、体外に排出されないまま溜まっていき、卵管を塞いで排卵障害が起こったり、子宮内膜の異常により着床障害が起きたりすることと考えられています。
女性不妊の原因として割合が大きいもので、薬物療法や手術など、治療方法にいくつか選択肢があり、治療をすることによって、妊娠できる可能性が高まることもあります。

自覚症状があるようであれば、婦人科に受診し、症状を悪化させる前に治療を受けましょう。
posted by TFC at 16:56| Comment(0) | 子宮内膜症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする