2017年07月14日

体外受精と子宮外妊娠の関係について

あっという間に7月も半ば、海開きの便りが聞かれる頃になりました。 
海に行かれる際は、熱中症や熱射病にお気を付けくださいね。

tfcブログ20170714.jpg

今日は、体外受精と子宮外妊娠の関係についてお話しします。
弊社TFCがご案内しております、卵子提供は体外受精の技術に支えられていますから、卵子提供を検討されている方にも無関係ではありません。

子宮外妊娠は自然妊娠の場合にも起こりえますが、子宮内に胚を移植する体外受精においても子宮外妊娠が起こることがあります。
初期胚を移植した場合、子宮に戻した胚(受精卵)が、本来はまだ卵管内にある状態の時に移植されているために、あるべき場所に戻ろうとしているのが要因だという説があります。
この場合の体外受精時の子宮外妊娠率は1〜5%と、通常の妊娠時の子宮外妊娠率と比べても高い確率になるのです。

一方、胚盤胞まで培養した胚は、胚が卵管に戻ろうとすることを防ぐ効果が高まるとされています。
そのため、胚盤胞での胚移植の場合は、子宮外妊娠の確率が3%以下と言われており、初期胚移植時に比べて低い数値になっています。
もちろん子宮外妊娠を100%防げるわけではありませんので、妊娠陽性反応が陽性で出た後も、子宮内に胎嚢が確認できるまでは正常な妊娠と判断することはできません。

子宮外妊娠時の主な症状は、腹痛、出血などです。
胚移植後に、体調に異常を感じたらすぐにかかりつけの医師に相談することが大切ですね。

弊社TFCがご案内しております卵子提供プログラムは、海外へご渡航頂き、治療をお受け頂く必要がございます。
中には海外のご渡航が初めての方もいらっしゃいます。
TFCではレシピエントの方が抱く不安を軽減できるようスタッフ一同サポートさせて頂きます。
いつでもお気軽にお問い合わせください。


posted by TFC at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 体外受精 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする