2016年03月30日

不妊治療の助成金

こんにちは。
今日はとても暖かく、春の陽気を感じますね。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?


さて、嬉しい情報が舞い込んで参りました。
ついに、各自治体より費用の何割かを助成してくれる制度ができました。

「特定不妊治療助成金制度」

今までは、人工授精や体外受精・顕微授精など、費用が高額にも関わらず健康保険が適用されないことが当たり前でした。

細かい条件は自治体によって異なりますが、治療費の支払いに頭を悩ませているのなら、一度役所で相談してみてください。

<助成される金額>

助成される金額は、だいたい平均で一回あたり100,000〜150,000円程度。初年度は合計で3回、2年目からは2回のところが多く、何年目まで助成してもらえるのかは年齢によって違ってくる。

不妊治療をしても妊娠しにくい40歳以上になると30代までの人と比べて助成金額が減るので、なるべく早く治療を開始しよう。

<申請方法>

申請をする際は、役所に直接足を運ぶか、HPからダウンロードするなどして申請書を書き、それを住民票や戸籍謄本、病院で発行された領収書のコピーなどの必要書類とともに提出する。

提出方法は「原則として郵送のみ」としているところもあるので、事前に確認しておこう。

書類が正式に受理されると、約2ヶ月後に審査結果が通知される。その後、しばらくして指定口座に助成金が振り込まれ、これで手続きは全て完了となる。

<助成の対象>

ちなみに、助成の対象となるには、次のような条件を満たす必要がある。

・申請日現在、その自治体が管轄する範囲内に住所があること
・法律上、正式に夫婦であること(事実婚は不可)
・人工授精、体外受精、顕微授精以外では妊娠することが難しいと医師が判断していること
・夫婦合算の所得が7,300,000円以下であること

※これらの説明は一部の自治体をモデルに書いたものなので、実際の条件や手続きの方法についてはお住まいの自治体に要確認が必要です。

健康新聞デジタルニュースより引用
www.kenko-np.com/

残念ながら、卵子提供の治療は恐らく対象にはならないことが予想されます。
しかし、卵子提供が唯一有効な治療法である方が多いのも事実です。
幅広い方々が、保険適用対象になることを望んでおります。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2016 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

posted by TFC at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 卵子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

東尾理子さん、第2子女児出産!

みなさん、こんにちは!
今日も気温がぐっと下がり、冬物のコートがもう少し活躍しそうですね。

さて、本日は嬉しいニュースをご紹介させていただきます。
不妊治療を受けられ、第1子をご出産された東尾理子さんが、第2子となる女の子を無事にご出産されたとのことです。

出産_不妊治療.jpg


「新しい家族の誕生」のエントリーで東尾は出産を報告するとともに「TGP生活中、そして妊婦期間中を温かく見守り、応援、励まして下さった皆様、本当にありがとうございました」と感謝。「現代の医療で新しい命を授かる事が出来た事、母子ともに元気で出産を終えられた事、たくさんのキセキに感謝で胸がいっぱいです」とつづった。

今後は「妻として、母として、家族4人が更に楽しく笑顔満載の日々を送れるよう、毎日を大切に過ごしていきたいです」と気持ち新たにし、夫・石田と長男・理汰郎くん(3)、そして愛娘との写真を添え「今後ともよろしくお願いいたします」とブログを結んでいる。

東尾理子さんは、以前から不妊治療に通う様子などをブログ等で紹介しておられ、同じように治療を受けておられる方にとっても嬉しいニュースですね。
Trying to Get Pregnant(TGP)、“不妊治療生活のことを前向きに言い換えた生活”や“妊娠しようと頑張ってる生活”という意味、無理せず個々の方にあった治療が受けれるといいですよね。

弊社では、マレーシアでの卵子提供プログラムをご案内させていただいております。
海外での治療は「イメージがわかない」「不安が多い」といった方もおられるかと存じます。
プログラムに関してのご質問などございましたら、お気軽にTFCまでお問合せくださいませ!

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2016 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




続きを読む
posted by TFC at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

妊娠中の喫煙、赤ちゃんへの影響って?

こんにちは、ひな祭りも過ぎ、やっと暖かくなってきましたね。
花粉さえ飛んでいなければ、梅の花を眺めながら外をのんびりお散歩したいところなのですが、残念ながら当分はマスクが必要なようです。

さて今日は、喫煙が赤ちゃんに与える影響を取り上げた研究結果に関する記事をご紹介します。

喫煙_妊婦.jpg
妊娠中の喫煙は、子どもの栄養不足をもたらし、出生児の体重を減らす原因になる、という研究結果です。喫煙している妊婦さんから生まれた赤ちゃんは、生まれたときは体重が少ないが、2〜3歳で体重が急に増えて、将来の肥満が起こりやすくなるのだそうです。

喫煙妊婦の赤ちゃん、体重軽く…血流悪化で栄養不足か


妊娠中にたばこを吸う母親から生まれた新生児は、吸わない母親の子に比べ出生時の体重が120グラム以上も少ないという分析結果を山梨大医学部の鈴木孝太准教授らの研究チームが発表した。

 20日に国際学術誌「ジャーナル・オブ・エピデミオロジー」の電子版に掲載された。

 鈴木准教授らは全国の親子10万組を対象に化学物質の影響を継続して調べる環境省の「エコチル調査」のうち、約1万組の結果を分析した。

 喫煙しない女性から生まれた男児の平均体重は3096グラムで、女児は3018グラム。喫煙者が妊娠初期に禁煙した場合は男児では28グラム、女児は40グラム軽く、禁煙せず出産した場合は男児が136グラム、女児は125グラムも少なかった。妊娠前に禁煙していた場合は男児で7グラム軽く、女児は13グラム重い結果が出たが「ほとんど影響がない」(鈴木准教授)と考えられるという。

 たばこに含まれるニコチンなどにより、母体の胎盤や臍帯の血管が細く形成される上、血流も悪くなり、胎児に送られる栄養が足りなくなる可能性が考えられるという。鈴木准教授は「たばこによって小さく生まれた子は2〜3歳までに急に体重が増え、将来の肥満につながりやすい。子どもが欲しいと思ったら、たばこは出来るだけ早くやめたほうがよい」と指摘している。

(2016年2月26日 読売新聞)

自然妊娠の場合は、妊娠したことに気付かずに、妊娠初期の段階まで喫煙を続ける妊婦さんも多いと言われています。
弊社TFCでは、マレーシアでの卵子提供やタイでの着床前診断などのプログラムをご紹介していますが、そういったプログラムでは、体外受精で計画的に受精卵を移植するため、喫煙している方も、受精卵を体に戻す前に禁煙をすることが可能です。

マレーシアの病院の医師も、タイの医師も、喫煙している患者さんには、「妊娠したいならタバコはやめなさい!」と怖い顔でおっしゃいます。喫煙の影響はよく知られている通りですが、妊活中の方は、やはりタバコはやめたほうがよさそうです。

また、タバコは男性の精子にも悪影響があります。
妊活中のご夫婦は、奥様だけでなくご主人も一緒に、ぜひ禁煙を!


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2016 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ




続きを読む
posted by TFC at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする