2016年02月25日

英国初!ゴリラが帝王切開で出産


本日、なんともほっこりするニュースを耳にしましたので、皆様にもご紹介させて頂きます。

「ゴリラ」の画像検索結果

イギリスの動物園にて、妊娠中のゴリラのお母さんから帝王切開にて赤ちゃんゴリラが誕生したそうです。
2014年にアメリカにて同様のニュースがありましたが、イギリスでは初めてのケース。さらに、赤ちゃんも小さく生まれたものの、現在も頑張って生きているとのことです。


ブリストル動物園で飼育中の母親ゴリラ「ケラ」は、子癇(しかん)発作の兆候がみられたため、予定日より早く帝王切開により出産した。
ケラの容態は日を追うごとに悪化していったため、近くの病院の人間の産婦人科医が帝王切開手術を行った。

獣医たちは950グラムで生まれたメスの赤ちゃんを蘇生させ容態は安定したこと、治療中のケラも術後に早い回復を見せていることを報告した。まだ名前が付けられていないゴリラの赤ちゃんは、イギリスで初めて帝王切開で摘出され、生存し続けているゴリラである。

ニュースの中での執刀医師が、人間の帝王切開と比べて異なる点は、赤ちゃんが毛深いことだけであったとコメントされていました。
手術の執刀は獣医ではなく産婦人科医であったというところが、いかにゴリラと人間の体のつくりが似ているかということを示しているように感じます。今回小さな命が無事誕生したことについて、大変喜ばしいニュースですね。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2016 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

posted by TFC at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

日比谷公園で魚介を楽しむ!

エルニーニョ現象が影響し、2月らしからぬ気候が続いていますね。
例年と異なる気候については、どうやら6月頃まで続くそうです。

mori 0829.jpg

本日はご近所日比谷公園にて気になるイベントが催されるとのことで、ご紹介させて頂きます。


世界の海沿いの都市で開催されているフィッシャーマンズ・フェスティバル。ヨーロッパ各国の港町からアメリカの漁港、そして、日本になじみのあるグアム島 などでも開催されています。全方位を海に囲まれた島国・日本。日本こそ、この祭りの開催がふさわしい国はありません。Japan Fishermanʻs Festival(ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル)の開催により、国民に魚の魅力やおいしさを提案し、魚大国としての日本を再認識させ、 日本の魚食推進に寄与します。

日本国内を旅行すると、各地域で様々な美味しいお料理に出会い、それが旅の醍醐味とも言えますね。海外に旅行した時も同様、各国の食材や調理方法、調味料等、現地の食文化を楽しむことで、思い出がぐっと広がります。
それでもやはり恋しくなるのは地元の日本食、日本に戻ってきたらまずお寿司を食べにいく、なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

世界中に島国は沢山存在しますが、中でも日本の魚介類の美味しさは群を抜いていると感じます。調理方法は違えど、新鮮な食材と繊細な味付け、日本の食文化は栄養のバランスも良く、海外からも一目置かれる存在ですね。

3月上旬のイベントとのことで、若干寒さが残る時期ではありますが、是非ご友人とお誘いあわせのうえ、魚介の旨みを楽しみに行ってみてはいかがでしょうか?

イベント開催日程や詳細については、リンク先をご覧ください。

卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2016 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
続きを読む
posted by TFC at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

妊娠力向上(妊活)はアレルギーも良くなる!

こんにちは。
まだ寒い日が続いておりますが、すでに花粉症がひどいので薬をのみ始めました。
温かくなる春が恋しいですが、花粉の飛ぶ時期も近いと思うと毎年憂鬱になってしまいます・・・

images.jpg

本日は妊娠力向上(妊活)とアレルギーとの関係をお話しをさせて頂きます。

アレルギー症状は、一般的に免疫機能が低下していると出やすくなると考えられています。
花粉症や鼻炎なども、同じ環境下にいても、症状が出やすい人もいれば、出ないひともいますね。これに関係するのが免疫力の低下です。

アレルギー症状が出やすい体内環境というのは、すなわち免疫力が低下した状態であり、免疫力が低下した状態は、妊娠を希望する女性にとっても、赤ちゃんを迎えやすい状態ではありません。花粉症やアレルギー性鼻炎などのアレルギーがあると妊娠力は低くなる、という説もありますが、これは、妊娠力には免疫力が強く影響するからです。
アレルギー症状を出やすくする環境というのは、免疫力が低下した状態であり、免疫力の低下の根本的な原因には、「冷え」や「食生活」がある、と考えられています。

花粉症の時期に漢方では、温めるといったタイプの漢方薬がよいと言われており、温めると花粉症が良くなるそうです。
これは妊活にも応用できる考え方で、冷えを招く食生活も避け、体を温めることで女性の身体は活性化しますから、温めるための食事や運動は、ぜひ積極的に取り入れたいですね。
※妊活・妊娠中の薬の服用は必ず医師に相談してください。

ラム肉、レバー、ほうれん草、プルーン、ネギ、生姜、カボチャ、ニンニク、にら などの「血」を補い、めぐりをよくする食材を取り入れたいのはもちろんですが、スープなどの熱を加えた温かいものを召し上がって頂くことも大切です。

花粉の時期、花粉症の方は、免疫力の低下を防ぐために、以下のようなことに特に気をつけましょう。

・外出時には、マスク、めがねやゴーグルなどを着用して花粉を遠ざける
・帰宅後は、衣服に付いた花粉をしっかり払い落とし、洗顔やうがいをしたり、鼻をかむ。
・脂っこいもの、味の濃い物、甘い物はなるべく控える。
・栄養バランスのとれた 生活を!
・できるだけストレスのない毎日を
・睡眠を十分取る

やはり、体の状態を整えることは、何よりの妊活といえると思います。
今年こそ、体質改善し気持ちよく春を迎えたいですね♪


卵子提供・精子提供・着床前診断のTFC
Copyrightc2008-2016 TFC Thai Fertility Center
人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

posted by TFC at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする