2018年09月19日

運動と精子の質

みなさんこんにちは。
皆さんこんにちは。秋になってきましたね。

運動と精子の質.jpg

不妊の原因として男性側に何らかの問題がある割合は3〜5割あると言われています。その原因の1つとして、精子無力症というのがあります。精子無力症とは精子の元気が不足している症状で、動いている精子が5割以下だと自然妊娠する確率は低くなります。ストレスや健康状態などのコンディションに左右され日によって動いている状態の精子は変わりますので、検査結果が思わしくなかったとしても、数回は調べてみる必要があります。

運動つながりとはなりますが、秋といえばスポーツの秋。運動です。

運動することを習慣化する、つまり運動習慣は男性の精子の質が改善するようです。これは、習慣的に有酸素運動を行うと精子に悪影響のある酸化ストレスが低くなり精子が悪くならないような体内環境が促進される結果、精子の良や運動能力が向上し質も改善されると言われています。

体を動かすと精子の質は改善されますが、精子のみならず自身のストレスに対する強さも向上しますし、幸福感が高かまったり脳にも良い影響があります。たとえば、ウォーキングなどは費用をかけずに行う事も出来ますので、習慣的に継続するのは大変かもしれませんが、スポーツの秋の今、体を動かしてみてはいかがでしょうか。

posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

毎日の食事

こんにちは。

普段の食事で朝食を取らなかったりファーストフードや外食で食事を済ませてしまう事が多いなんてことはありませんか?

毎日の食事.jpg

健康的な食生活を送る事は妊娠しやすい体を作るだけでなく、生まれてくる赤ちゃんの健康にもつながります。ぜひ食事は大事にして下さい。今日からできる食生活改善のカギをいくつかあげてみます。


  • 朝ごはんはしっかり食べるようにする。
  • いろんなものにゴマをパラパラ振りかる事を積極的に取り入れる。ゴマには必須脂肪酸が多く含まれています。
  • 植物性の油を1日大さじ1杯とる。減量のため油を抜いてしまうと体温保持ができず冷え性を助長します。
  • 野菜は電子レンジでチンして温野菜にする。栄養が逃げません。
  • 揚げ物は衣を少なくする。衣が少ないと油の吸収が少なくなります。
  • 食事のときは果物もとる。果物に含まれているビタミンCは鉄分やミネラルの吸収を高めます。
  • 洋菓子より和菓子をえらぶ。脂と砂糖は吸収がよく体脂肪に直結してしまいます。和菓子は油を使っていないのでおすすめです。

食欲の秋。季節を意識した食材を選び、体を温める食生活をしてみてはいかがでしょうか。



posted by TFC at 15:43| Comment(0) | 妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

精液検査

みなさまこんにちは
昨日未明、北海道で大きな地震がございましたがお近くの地域にお住いの皆さんは大丈夫でしたでしょうか。


不妊の原因は様々ありますが、男性と女性と共に原因は半々あると言われていますが、本日は精子についてお話しさせていただきます。検査はまず泌尿器科を訪問するとこからはじまります。
不妊の原因が男性側にある場合、そのほとんどは精液検査で原因が分かり、適切な治療で妊娠に至るケースは増えています。代表的な症状は下記の通りとなります。

乏精子症:精液中の精子が何らかの理由で少ない症状
精子無力症:精子の元気が不足している症状
射精障害:心理的な原因などで射精ができない症状
性交障害:心理的な原因などで性交ができない症状
逆行性射精:精液が膀胱側に射精される症状
精路通過障害:精子の通り道である静観になんらかのトラブルがある症状
無精子症:精液に精子が見つからない症状

早い段階で男性側にある原因がある事が突き止められれば余分な検査を受けずに済んだという可能性もあるかもしれません。男性も思い切って検査を受診してみてはいかがでしょうか。

posted by TFC at 12:00| Comment(0) | 精子提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

精子提供プログラム

こんにちは。
本日も東京では、気温があがり数日前の涼しさが嘘のような気候です。
さて、本日は弊社で提供している「精子提供プログラム」をご案内させていただきます。


KL.jpg


精子提供プログラムとは、第三者(日本人精子提供者)から精子の提供を受け、奥様の卵子とドナーからご提供頂いた精子で体外受精を行い受精卵(胚)を作製後、奥様の子宮に受精卵(胚)を移植し、奥様 がご自身で妊娠、出産の過程を経てお子さんを授かる方法です。
お子さんは奥様ご自身が出産されるため、法的にはご夫妻の実子となります。
国内では受けることが難しい第三者による精子提供を、弊社はマレーシアでご提供しております。
<精子提供プログラムが受けられる条件>
女性側に明らかな不妊原因がないか,あるいは治療可能であり、男性側が無精子症の方・および無精液症の方・精子死滅症の方・または極端な乏精子症の方。

精子提供プログラムをご検討の方はまずは問い合わせからご連絡ください。

続きを読む
posted by TFC at 17:30| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

NIPT(母体血胎児染色体検査)とは?

みなさんこんにちは。
お盆休みも後半ですね。

さて、高齢出産(35歳以上)の方が増え、出生前診断を希望される妊婦さんも増加しています。
本日はNIPT(母体血胎児染色体検査)のお話をさせて頂きます。

NIPT_着床前診断.jpg

絨毛染色体検査や羊水染色体検査は流産リスクがあることが長年問題視されています。
そこで、出生前診断の中でも侵襲の少ない検査として、NIPT(母体血胎児染色体検査)が注目されています。
21番、18番、13番染色体の数の異常を調べることができます。

NIPT(母体血胎児染色体検査)は検査を受けることによる流産のリスクはありません。
また、偽陰性率はが低く、陽性的中率も80%以上という高精度な検査です。
しかし偽陽性や偽陰性が出ることもあるため、確定診断には絨毛検査や羊水検査が必要になります。
倫理的にも論議のある出生前診断の1つであるNIPT(母体血胎児染色体検査)は不特定多数の妊婦を対象に胎児の疾患の発見を目的としたマススクリーニング検査ではありません。

そのため、実施している施設もその検査を受けられる対象者も限定されており、費用もいというのが現状です。
弊社TFCでは、移植前の受精卵を調べる「卵子提供+着床前診断のプログラム」をご案内させて頂いております。
着床前診断は、受精卵(胚盤胞)の全染色体を対象に染色体の数の異常を調べることができる検査です。
ご面談ご希望の方は弊社TFCまでお問い合わせくださいませ。

posted by TFC at 11:00| Comment(0) | 高齢出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする