2018年08月15日

NIPT(母体血胎児染色体検査)とは?

みなさんこんにちは。
お盆休みも後半ですね。

さて、高齢出産(35歳以上)の方が増え、出生前診断を希望される妊婦さんも増加しています。
本日はNIPT(母体血胎児染色体検査)のお話をさせて頂きます。

NIPT_着床前診断.jpg

絨毛染色体検査や羊水染色体検査は流産リスクがあることが長年問題視されています。
そこで、出生前診断の中でも侵襲の少ない検査として、NIPT(母体血胎児染色体検査)が注目されています。
21番、18番、13番染色体の数の異常を調べることができます。

NIPT(母体血胎児染色体検査)は検査を受けることによる流産のリスクはありません。
また、偽陰性率はが低く、陽性的中率も80%以上という高精度な検査です。
しかし偽陽性や偽陰性が出ることもあるため、確定診断には絨毛検査や羊水検査が必要になります。
倫理的にも論議のある出生前診断の1つであるNIPT(母体血胎児染色体検査)は不特定多数の妊婦を対象に胎児の疾患の発見を目的としたマススクリーニング検査ではありません。

そのため、実施している施設もその検査を受けられる対象者も限定されており、費用もいというのが現状です。
弊社TFCでは、移植前の受精卵を調べる「卵子提供+着床前診断のプログラム」をご案内させて頂いております。
着床前診断は、受精卵(胚盤胞)の全染色体を対象に染色体の数の異常を調べることができる検査です。
ご面談ご希望の方は弊社TFCまでお問い合わせくださいませ。

posted by TFC at 11:00| Comment(0) | 高齢出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

パクチーの栄養

みなさん、こんにちは。
関東に台風直撃。
ご自宅までの路、どうぞ気をつけてくださいね。


TFC.png

さて、日本と同じ蒸し暑い国のマレーシアの定番ハーブのパクチーはお好きですか。
パクチーは独特の香りを持っているため、日本ではパクチーが苦手の方、大好物な方に二手に分かれるかと思います。


実はパクチーには沢山のビタミンが含まれていて、
以下のような妊娠するには良いビタミンもたっぷり含まれています。


✻葉酸

✻ポタシウム

✻カルシウム

✻アイアン

✻ビタミンC


もう一つ嬉しいことはパクチーはとてもカロリーが少ないです。
100gに23カロリーです!

さらに、パクチーは生理中の気分変動や生理痛を緩める効果もあると言われています。
まだまだ暑い日本の夏に、パクチーはいかがでしょうか。

posted by TFC at 17:57| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

田丸麻紀、第2子男児出産「ますます賑やかな家庭に」

こんにちは。
関東はまた猛暑が続いております。
来年もこんなに暑くなってしまうのでしょうか…。

Tamaru_TFC.jpg

女優の田丸麻紀(39)が31日、第2子となる2975グラムの男児を30日に出産したことを所属事務所を通じ発表した。母子ともに健康という。
「皆さまにご報告がございます。すでにお気づきの方もいらっしゃったかと思います。そして、温かくお見守りいただき心から感謝しております。ありがとうございます。昨日、第2子を無事出産いたしました」と報告。
「家族が増え、1人目の息子もお兄ちゃんとなりますます賑やかな家庭になっていくと思います。これから2児の母として、大変なこともたくさんあると思いますが、ともに成長していけたらと思っております。今後共どうぞよろしくお願いいたします」と喜びいっぱいにつづっている。
田丸は2012年9月に一般男性と結婚。14年8月13日に第1子男児を出産している。gooニュース引用

おめでとうございます!
出産は命がけと日々感じながら皆様のサポートをさせていただいております。
弊社からも沢山の方々が妊娠、出産できるようサポートをさせていただきます!
マレーシアでの卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度、弊社までお問い合わせください。




posted by TFC at 17:31| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

夏の冷え

暑い暑い日々が続きます。
クーラーの効いた部屋でずっと涼んでいたいですね。

夏の冷え.jpeg

女性にとって冷え症は大きな悩みなのではないでしょうか。
妊娠しやすい体を目指す女性にとっては、特に重要な問題です。
足や手が温かくてもお腹や腰回りといった下半身が冷えているという女性はとても多いようです。

このブログを書いている私も、冷え症に困っております。
では、なぜ冷え症と妊娠が関係しているのでしょうか。
妊娠するには、排卵と月経のサイクルが必要です。
冷え症の方は、冷え症でない方に比べ、血流が悪いのです。
排卵や月経は、それらを促すホルモンによって生じますが、血流が悪いとサイクルも崩れてしまうのです。
末端冷え症よりも、深部体温が冷えているほうが不妊症には深い関係があるといわれています。
東洋医学では、子宮や卵巣に栄養分やホルモンが行きわたらなくなると、月経不順や子宮筋腫、子宮内膜症等の症状を引き起こすと考えられています。
他にも子宮内膜が厚くなりにくく、着床の妨げになるともいわれています。
冷え症が妊娠しにくい体の特徴といわれるのは、こういった理由からからです。

夏は「冷え」と無縁かと思いきや、クーラーの効いた部屋は体が冷えますね。
夏も冷え症解消の為に、出来ることは試していきたいですね。

マレーシアでの卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度、弊社までお問い合わせください。

posted by TFC at 18:52| Comment(0) | 不妊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

卵子提供プログラム〜マレーシア〜

みなさん、こんにちは。

西日本で発生しているこのたびの記録的な豪雨により、亡くなられた方々へのご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

マレーシア_卵子提供.jpg

さて、弊社TFCではマレーシアでの卵子提供プログラムもご提供しておりますが、マレーシアの医療水準にご不安を抱かれる方も少多いのではないでしょうか?
マレーシアは東南アジア諸国の中で医療水準が高く、周辺各国から様々な治療を求めて患者さんが多く訪れます。
マレーシアの医療レベルが高いと聞くと、そういったイメージはあまりないと感じる方も多いかもしれませんが、マレーシア保健省によると2013年に渡航治療でマレーシアを訪れた外国人は77万人(不妊治療以外も含む)にも上ります。
周辺諸国に限らず、日本を始めとしイギリスやアメリカからも多くの方々が治療に訪れているのが実情です。

弊社TFCで提携している病院も、マレーシアでハイレベルな医療を提供する医師の一人が院長を務め、常に高度な医療技術とサービスを提供すべく、日々努力されています。
こちらのクリニックの特徴の一つとして、高額な費用が必要な不妊治療を地元の方々にも提供できるよう、手の届く価格での治療を進めることが出来る様、配慮されていることも挙げられます。

現地には弊社TFCの日本人女性スタッフが常駐し、病院への付き添いはもちろんのこと、ご希望により空港への送迎やホテルチェックインのお手伝い等、慣れない海外でのご滞在をしっかりサポートさせていただいております。


マレーシアでの卵子提供プログラムをご検討中の方は、ぜひ一度、弊社までお問い合わせください。

posted by TFC at 11:00| Comment(0) | 弊社の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする